フリーターでも就活を成功させるために

フリーターでも就活を成功させるために

・受け入れなければならないフリーター就活の現実

 

例え大学を卒業したばかりの新卒の若者であっても、就活とは決して優しいものではありません。
新卒であってもそんな現状ですから、フリーターと呼ばれる人々の就活の道は更に厳しいものであると言わざるをえません。
そんな厳しい現実から目をそむけずに、最後まで前向きに努力し続けた人間だけが、フリーターから抜け出す事が出来るのです。

 

・フリーターのための職の探し方

 

フリーターから、正式な社会の一員となるためには、まず仕事を探さなければいけません。
まず、職を探すにはハローワークや求人サイトの情報を多いに活用することが大切です。
自分でインターネットの求人サイトを見ながら探す時には、経験者優遇の求人よりも未経験者でも歓迎するといった内容の求人にあたってみるのが賢い選択といえるでしょう。

 

他また、フリーターであっても今まで経験してきたバイトや活動を生かすことの出来る職業というものもあるはずです。
そうした経験に照らし合わせて職探しをしてみるのも良いかと思います。

 

・フリーターが就職活動の際にするべきこと

 

フリーターということで、就職活動の際に卑屈になってしまうという事がよくあります。
しかし、面接などにそうした態度で臨むと、そうしたことは全て相手側にも伝わるものです。
仕事に対してやる気があること、そしてアピール出来ることは積極的にどんどん相手に伝える努力をしてください。
面接の際に卑屈になったり、消極的になるということは、チャンスを自ら逃しているのと同じなのです。

 

面接の際に何故今までフリーターであったのかというような質問をされることもあります。
その時も、フリーターであったけれどもこういうことをして社会に貢献していた、こういったボランティアや資格のために勉強をしていたなど、プラスとなることはアピールしていってください。
フリーターが必ずしもマイナスポイントになるとは限らないのです。


このページの先頭へ戻る