実力が重視される中卒者の就職環境

実力が重視される中卒者の就職環境

・中卒者の就職現状
ご存知のように、日本は高学歴化しつつあるといわれています。学力が上がっているということではなく、大卒者が増えているという意味です。大学の数が増え、子どもの数が減っているので大学全入時代とすら言われています。そのような環境の中で中卒者が就職をしようと思うと、学歴不問といわれる職業を選択しなくてはなりません。学歴不問の仕事は手に職といわれるような技術職が多いでしょう。あるいは優れた能力があればプログラミングなどのお仕事にも付くことも出来ます。いずれにせよ、実力でお仕事を勝ち取らなくてはならないので、実力がないうちは修行と思ってがんばる期間が必要になります。薔薇色の就職環境ではありませんが、実力をつけてしまうと強いので努力をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

・中卒者の就職時の求人の探し方
学歴が中卒になると、大卒者を想定している企業の総合職への就職は難しくなります。就職において中卒という学歴はデメリットになるので、選べる仕事が限られると理解したほうが良いかもしれません。ハローワークなどで中卒者が応募できる求人などを探すのが最も効率的です。また、専門職などの実績がある場合は、専門職用の転職エージェントなどを利用すると良いかもしれません。お仕事の内容によってはこうしたサービスも利用できるので探してみてはいかがでしょうか。

 

 

・中卒者の就職へのアドバイス
現在の日本で就職をしようと思うと、中卒という学歴が邪魔になることのほうが多いかもしれません。お仕事がない、という意味ではなく、選べる仕事の幅が狭いという意味になります。この点を受け入れることが出来れば、就職先を見つけることは可能です。学歴不問のお仕事は技術職が中心になるので、高収入が見込めることもあります。その意味では実力次第で稼ぐことが出来るといえるでしょう。


このページの先頭へ戻る