高卒者こそ、手に職をつけて世界に羽ばたいてください!

高卒者こそ、手に職をつけて世界に羽ばたいてください!

・高卒者の就職現状
私どもの業界の話になってしまい、すべてに当てはまるとは限りませんが、
今は高卒者のほうが就職しやすいように思います。
そして稼げるように思います。
私どもは映像関係の業界なのですが、そもそも大卒はなかなか採用されません。
大卒は4年、歳を取ってしまっているので、その間、若い感性が鈍っている、
それにフットワークが悪いところがあります。
もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、そのような傾向にあります。

 

その点、高卒の希望者は、まだ磨かれていない原石のようで、目が死んでいない。
すごく純粋な目をしている。育て方によっては輝くと思うからです。
実際、私どもの会社では、高卒者が3年もすれば、相当な腕前を見せるからです。
私どもは映像関係ですが、他業種の方とそのような話をしたことがあります。
例えば、土木業者の方もそのような話をしていましたし、竹細工を作る工業所の方とも意見は一致しました。
もちろん、大学を卒業してサラリーマンになることを否定しているわけではなく、
高卒だからといって、その後の人生に卑下する必要が無いという話です。

 

・高卒者の就職の探し方
会社に就職しようとせず、手に職をつけてください。
手に職をつけるという素晴らしい方法があるのです。
今はむしろ、大学を卒業した者でも、手に職をつけようとしている時代です。
手に職をつければ、絶対に食いっぱぐれることはありません。

 

 

・高卒者への就職アドバイス
今では、生涯賃金も高いと思います。
高校までの成績と、その後、習う仕事のノウハウは全然違います。
いまや東大を卒業して無職の時代です。
しかしこれだけは間違いありません、仕事は勉強以上に真剣に取り組んでください。
それによっては、学生時代には考えられなかったほど評価されます。


このページの先頭へ戻る