既卒は不利ではない!

 既卒採用は不利ではありません。面接官はおそらく「卒業してから何年か経っているが、その間はどんなことをしていましたか?それはなぜですか?」というような質問を、面接の場でしてくるはずです。その時あなたが、どんな答えを持っているかによっては、同じ場に同席するかもしれない新卒者よりも好感をもたれる場合すらあるのです。近年、景気回復に伴って、既卒採用枠を拡大する動きが増えています。既卒採用枠で、面接官や人事担当は既卒者に「一般の会社員とは違う目線で社会を見つめ、なんらかの自信を得て採用に臨んでいること」を基準に採用を決めているのではないでしょうか。

 

 実際、3年前わたしは、某IT企業の2次面接で既卒者であるわたしと2名の新卒者との集団面接を経て、内定を勝ち取りました。その時わたしは、「なぜ卒業してからすぐに会社で働かなかったか」「その時どんな経験をしたか」を具体的に説明できるように、また、もちろんポジティブな説明ができるように用意していました。たとえば、「実際に企業に就職するまえに本当にこの職種に向いているのか、その現場の雰囲気を知るために、アルバイトで体験をしたかった」「1年間別の職種で得た経験を、御社のこの仕事に生かしたかった」などが考えられると思います。


このページの先頭へ戻る